株主になると必ず株主優待という特典がついてくるものもありますが、シャトレーゼのように株主優待が無い企業もあります。こちらではシャトレーゼ株について少し説明していきます。

株主優待で生活する桐谷さんの経済効果について

桐谷さんはある番組で株式優待で生活している資産家として登場されてから様々なメディアに採り上げられています。桐谷さん自体が受けた経済効果もかなり大きなものであったのではないでしょうか。最近では証券会社を紹介する雑誌や株主優待生活の紹介などで様々な本も発行されています。もちろん本人も印税が入っているでしょうし、その本を読んだ読者が株式投資を行えばその会社や日本経済に大きな経済効果を与えます。
この番組は若者をターゲットとしたバラエティ番組で深夜に放送されています。今まで普段から株式投資をして株主優待制度を利用している人は日本では世界に比べて少ないはずです。その根拠として日本では世界に比べて昔から株式投資を怖がる風潮があり、個人資産比率を見ても多くの方が現金による預貯金の割合が圧倒的に高く占めています。
若者の中には、桐谷さんのように株主投資で生活ができるということを初めて知った人もいるのではないでしょうか。また、番組での情報で投資金額が少なくても株主優待をもらうことができるとの紹介もあり、証券会社での口座開設方法を記した桐谷さんの雑誌も販売されています。
現在は日本の国家戦略であるNISA口座の開設推進とアベノミクスによる株高政策もありすべての方に株式投資への認知が広がりつつある時期であると考えています。日本人が個人資産として持っている預貯金が少しずつ株式市場に流れると今後の企業の設備投資や資本の増強などにも利用されるため、雇用環境や日本企業の世界競争力が増します。その意味でも桐谷さんが株式投資をして成功し、株主優待で悠々自適の生活している姿が日本国民に与えた影響は大きく、しいては日本社会への経済効果をより高める一因に今後もなるのではないでしょうか。