株主になると必ず株主優待という特典がついてくるものもありますが、シャトレーゼのように株主優待が無い企業もあります。こちらではシャトレーゼ株について少し説明していきます。

株主優待が人気となる見通しの九州旅客鉄道

鉄道会社の株式を保有することで株主優待を受ける権利を手にすることが出来るのは魅力です。国内旅行を検討する場合、快適な旅を実現するため鉄道路線を使用することが多いですが、そういった場合には必ず運賃を払って乗車券を購入します。

株主優待の中身については、乗車券を購入するための運賃・料金の割引を受けることが出来ることがあり、よく旅行をされる方にとってはメリットも大きいです。しかも所有している株数に比例して、株主優待が多く貰える面もあります。

また鉄道会社が関連する沿線での事業、例えばホテルや百貨店などでも割引を受けることが出来たりするメリットまで存在することも多いです。そのため、国内にある鉄道会社の株式を保有することは株主優待が受けられることで人気も高く、その人気が高いため、株価も高い傾向があります。

九州旅客鉄道は、九州地方に存在する鉄道路線を管理・運用している会社で非上場の鉄道会社です。ただ最近の報道によると2016年度を目処にして九州旅客鉄道が上場される見通しとなっています。

その理由としては、長年赤字続きの営業であったのですが、近年の赤字ローカル線の再編や事業再編、新幹線の開通などによる黒字化の見通しが立ったことにあります。当然、上場されれば、他の鉄道会社と同じ様に上記のような株主優待が設定される可能性も高いため、九州旅客鉄道の株も人気になる可能性もあります。

なお現在の九州旅客鉄道の株式は、国が大多数を所持している状態でもあるため、国が主導して上場を検討しています。そのため法整備などの環境が整えば、即時に九州旅客鉄道が上場される見通しも高く、株主優待の魅力から市場でも人気銘柄の一つとして買われる可能性も高いです。